真冬

図書館向かいの高松の池。
大雪が降った後、娘と一緒に行ってみました。
b0076384_125551.jpg

足下がツルツルで、結構危険です。
池が凍って、雪が降り積もっています。
いつもなら泳いでいる白鳥も、歩くことしか出来ず、雪の上は足跡だらけ。
b0076384_1262037.jpg

観察していると、氷上では滑っていることに気づいた(笑)
b0076384_126404.jpg

足の面積、広そうなんだけどね。
鴨は滑ってないんだけどね。

大雪が続いた後は、雪山を掘って、かまくら作り。
b0076384_127838.jpg

小さいけど、喜んで入る娘。
翌日は階段と滑り台を作り、夜中にバケツで水を掛け、強度も高めました。
娘は大喜びで滑り始めたけれど・・・なんせ狭い場所に無理矢理作ったので、急角度になってしまい(汗)、着地する度に寝転がってるという、中途半端な仕上がりなのでした。
それでも、楽しそうに何度も繰り返し滑っていたので、また数日後には道路に飛び出さない位置に、ソリ専用のコースを作ったりして。
雪遊びの虜になってしまい、家に入ろうとしなくなっちゃいました。

タイミングを合わせたように、くずまき高原の牧場で雪まつり。
母は、子供用に改造されているとはいえ、スノーモービルを運転出来て、大満足。
b0076384_1273761.jpg

ソリのコースとミニ・カーリングも楽しみ、雪上車にも乗車させて頂き(まるで遭難者のような体験・・・)、冬を満喫しました。
一番面白かったのが、チューブスライダー。
山の上から200mのコースを滑り降りるのですが、これがなかなかスリル満点。
旦那は娘を、私はチューブを2本抱えて、雪山をまた登るのです。
キツかった~。
けど、4回滑ったw


公民館の講座に参加してたら、雪が溶けてしまった日があって。
久しぶりにアイロンビーズを出してきて、お雛様を作ってみました。
b0076384_128417.jpg

本物の方は、いつ出そうかな。
どこに飾ろうかな。

節分には豆まき。
鬼役は毎年ワンコだけど、お面を気に入った娘が外さない。
b0076384_1282245.jpg

結局、鬼の面を付けたまま、ワンコに向かって豆をまいていました。
ひどい話だな。
[PR]

by keiko110 | 2012-02-12 01:30 | 日常