仙台アンパンマンミュージアム

b0076384_12573659.jpg

気に入ったらしい
[PR]

# by keiko110 | 2011-08-02 12:57 | 携帯から

娘の気持ちとか、私の考えとか。

5月に旦那が札幌に来たとき、会社のカタログを1冊置いていった。
娘はそのカタログがお気に入り。
毎日めくって楽しんでいるので、つい余計な一言をつぶやいてしまった。

「パパに会いたいね?」

娘が顔を上げ、一言。

「パパ、あいたい。」

窓の外を見ながら、小声で続ける。

「まってるの。ずっと、ずーっとまってるの。」

胸が締め付けられた。



旦那と離れて暮らし、4ヶ月。
ひと月後のことさえもわからず、どうしていいのかわからない。
一緒に暮らせる部屋が見つからなかったら、このまま離れて暮らすことさえも視野に入れている。
会津に旦那だけが部屋を借りたと想定して。
母娘は旦那の精神面を気遣い、隣県に部屋を借りるつもりでいたけど、旦那は私の体調と精神面を気遣い、単身赴任手当が出るようならば、札幌にいて欲しいと言ってくる。
確かに、知り合いのいない町で、被ばくと地震におびえる生活は想像以上のものだろう。


正直、考えが煮詰まっているんだにゃ。
疲れちゃったんだにゃ。
旦那も同じ状態なので、無理なことを言い始めて、困ってるんだにゃ。
もう、やだよ。





こんな感じですが、7/30から8/14まで、郡山に帰ります。
グッタリ気味ですが、皆様よろしく(何
[PR]

# by keiko110 | 2011-07-19 23:50 | 日常

ストレス

最近また、胃痛と不眠。
胃酸過多には、炭酸を飲む荒療治。←対処療法?
手に入りやすくなった、ウィルキンソンのジンジャーエール・ラブな日々です。


予定では仙台に転勤だったのが、会社都合で会津若松(方面)へ変更。
秋以降に異動なのだけど、福島県が借り上げ住宅にするために、広い部屋を押さえてしまっていて、不動産屋巡りしても、殆ど見つからない状態。
お手上げかと思いきや、実は3割も埋まっていないので、もうすぐ手放されるとかされないとか。

先のことが見えないので、いつもイライラ。
メールを打つ集中力も欠けていて、みなさん、停滞してても許して下さい。
ちょっとしたことで、立ち直れなくなってるのですよ。


7月末から2週間ほど、郡山に帰ることにしました。
やっぱり、家族が揃うって大切なんだと思う。
旦那も娘も、思う存分いちゃつくがいいさ!(笑)
その間に、部屋探しに行って、荷物整理して、掃除して、歯医者行って、友達に会って・・・時間あるかな(汗)。
最終日には、仙台のアンパンマンミュージアムにも行ってきます☆

郡山で住んでいたマンションが、なんと半壊認定を受けちゃって。
我が家は賃貸だけど、分譲で買った人たちが、全壊の認定にならないかと、訴えているそうで。
確かに古いマンションだけど、一応はSRC造なのよね。
RC造の立地のよい物件と迷ったけれど、地震の多い郡山だからこちらを選んだの。
震災の揺れには強かったけれど、まさか1階の柱が折れるとはねぇ。

帰る予定が出来ただけでも、安心できた。
どうなってるか、とにかくこの目で見て知りたい。

ついでに髪も切ってこよう!
年末からずっと切ってない・・・。
[PR]

# by keiko110 | 2011-07-10 23:17 | 日常

生きるということ

今でも信じられない事なのだけど、先月の子宮外妊娠は、卵管ではなく間質部だった。
間質部とは、子宮の卵管に繋がる場所のこと。
この場所に着床してしまうと、卵管と違って成長出来てしまう広さがある上に、なかなか見つかりにくい箇所らしい。
『陳旧性子宮間質部妊娠』との最終的な診断が下り、手術を受けて退院するまで、沢山の先生方が何度も疑いながら、診察をしてくれた。
確率の話をすると、単純計算で50000分の1。
手術中には痛み止めの注射でショック症状が出て、ぜんそくの発作と、血圧の降下があったらしい。

すべてが終わったから、言えることだけど。

生きているのって、奇跡だ。
これほどの喜びは、絶対にない。


札幌では、初夏の風物詩のYOSAKOIソーラン祭りが開催中で、街中が賑わっている。
個人的な思いは色々とあるけれど、実際に目にして、みなぎる迫力には圧倒される。
夢中になって踊ること、力を合わせてひとつになること。
これらは生きていてこそ、成しえるのだと、いつも思う。



地震から3ヶ月もの時間が過ぎて、何度も生きていることの意味を考えた。
今回の入院保険金が下りたら、被災地への義援金に、上乗せしようと決めた。
私が失った命に、他の命を救って欲しいと、願いをかけて。
[PR]

# by keiko110 | 2011-06-12 00:02 | 気持ち

100分の1以下の確率

震災以降、自分の体調は二の次だった。
けれど、どうにも調子が良くないし、まさかと思ったら妊娠検査薬で陽性。
計算してみたら、11週の後半辺り。
つわりが遅かったから、気づかなかった!

ところが、産婦人科を受診したら、子宮内に胎のうが見えない。
100例に1件とも言われる子宮外妊娠でした。
大きさとしては、いつ卵管破裂を起こしてもおかしくなく、
診察して下さった先生は、エコーで確認してすぐに、緊急手術を考えたそう。
幸か不幸か、卵管に着床し、7週まで成長したけれど、そのまま流産したようで、
『陳旧性卵管妊娠』との診断。
ホルモンの値が低く、これ以上成長することはないので、体に吸収されていくのを待つことに。
ただ、大きくなりすぎているので、吸収されるかどうかも疑問が残るとか。
大量出血と激しい腹痛に襲われたら、即・緊急手術が待っています。
いつまでも変化がないようなら、やはり手術。
もしくは、抗がん剤を用いた治療法。

あまりない症例だと言われて、戸惑いの方が大きかった。
ほんの数日間だけの喜びで終わってしまって、抜け殻になってしまったみたい。
診察が終わって、次回の受診の説明を聞くときに、ようやく泣くことが出来た。
最初からなかった命とは、もう思えない。
運が悪かったにしろ、やはり心臓が動いてるところは見たかった。
生きていて欲しかった。
矛盾するけれど、赤ちゃんが生きていたら、私の命が危ない妊娠だというのは、理解している。
絶対に産むことが出来ないのに、授かった命。
その意味はなんだろう。
一生涯で、いくつ授かり、いくつ育てることが出来るんだろう。


失った苦しさは、いつまで続くんだろう。
[PR]

# by keiko110 | 2011-05-10 23:09 | 子育て

郡山

引っ越して、1年が過ぎたばかりだった。
東京の端の方からの異動だったので、町の小ささに驚いた。
デパートが1軒。
しかも、三越や伊勢丹なんかじゃなくて、うすい百貨店。
当然のように車社会。
物価も安いし、自然も多くて、食べ物も美味しい。
なにより、人がとっても、あたたかい。
娘と歩いていると、あちこちで声を掛けられる。
犬まで連れ歩いたら、その確率はさらに上がる。
そんな町で、友達が沢山出来た。
子どもを通じて知り合ったのに、肩の力を抜いたままでつき合えた。
テキトーに子育てしてる私に、テキトーな子育ての友達が出来て、お互いに居心地が良かった。
マジメに子育てしてるお友達は、私の娘の世話を焼いてくれたりした。(すまない・・・)
始めはサークル仲間だったのが、お互いの家を行き来したり、旦那に子どもを預けてランチしたり、飲みに出掛けたりと、情報交換だけじゃなく、大切な大切な友達になれた。
郡山の町を離れるときには、今までに味わったことのない辛さを感じるだろうと、容易に想像出来たくらい、生活を楽しんでいた。

3月9日。
お昼くらいに震度3の地震があった。
信号待ちの車の中で、郡山の地震の多さを思い出して、気味が悪いと思っていた。
3月10日。
この日の朝も地震があった。
パジャマ姿の娘を抱えて、部屋の隅で小さくなっていたのを覚えてる。
今考えれば、これらは3月11日の震災の前震。

あの大地震は、思い出すのも辛い。
ママ友さんのお家にお邪魔していて、大人数だったのが心強かったな。
帰り道、停電で渡れなくなった踏切や、崩れたブロック塀、崩れた瓦屋根なんかが目に入り、現実かと疑った。
宮古の津波をテレビで見た後だったのに、受け入れられなかった。
マンションに戻ったら、駐車場の2階部分の壁が落ちていた。
廊下は崩れていたし、エレベーターは止まり、殆どの部屋の給湯器が壊れて、あちこち水浸し。
寝てしまった娘を抱えて自分の部屋に戻ったら、靴箱が倒れていて、入れなかった。
このとき、ようやく『被災』という言葉が浮かび上がった。
自分なりにショックで、頭が回っていなかったのに気づいた。

携帯もなかなか繋がらず、その夜の余震も酔うほどに揺れた。
電気が止まることはなかったので、遅くまでテレビを見ていた。
荷物をまとめて、服を着て眠った。眠れなかったけど。
大きな被害がなかったのは幸いで、それでも、これから先の生活が見通せない不安は強かった。

翌朝、開成山の給水に向かうと、4時間半待ちだった。
他の場所で入れて貰ったけれど、2時間掛かったっけ。
さくら通りを走っただけでも、地震の爪痕に鳥肌が立った。
オムツを買っておこうと、開いていたツルハに入ったけれど、店内を1周する行列。
買い物が出来るだけでもありがたいけれど、2歳児を連れて、毎日がこうだと・・・自信がない。
グッタリして帰宅すると、原発が爆発したと、ニュースが流れた。
避難する準備を始めた。
着替えやら食料やらをまとめながら、政府の発表の時間が、爆発から3時間半遅れだと気づく。
ニュースはスピードが命だろ。
このまま、日本政府を信用していいものか??
一晩掛けて旦那を説得し、翌昼、4号線を南下した。

名古屋で1週間ほど過ごし、今、私と娘は札幌の実家にいる。
旦那はしばらくして郡山に戻り、ひとり暮らし(+ワンコ)で仕事をしている。

一体いつ帰れるのかわからないし、常に不安がつきまとう。
眠りが浅いし、体調も崩しがち。
娘にもすぐにイライラして、叱りつけてしまう。
子どもなりにストレスが溜まっていて、すぐに泣くし、大声で叫ぶ。
相手になるのも、かなり辛い。
地震によって「こわい」を覚えたし、避難によって「かえろ」を覚えた。
それがまた、キツイ。


でも、もう1ヶ月。
少しだけ落ち着いてきた。
不安ばかりで胃が痛くなるけど、郡山に戻れる日は、必ずやって来る。
ゆったりと子育て出来て、優しい人たちに出逢えた郡山に、早く帰りたい。
たとえ時間が掛かったとしても、みんなと笑いながら過ごした時間が、戻るように祈ってる。
[PR]

# by keiko110 | 2011-04-10 01:13 | 気持ち

禁断のアイロンビーズ

b0076384_1521368.jpg

ハマるとわかっていながら、とうとう手を出してしまった(・_・;)
おもしろ過ぎるよ。
かなりヤバい。

第一号作品は、やっぱりアンパンマン。
娘に壊されませんように☆
[PR]

# by keiko110 | 2011-03-07 01:52 | 携帯から

ハサミ

b0076384_15395615.jpg

100均で子供用のナミナミのハサミを買ってきたら、1時間も夢中で遊んでいます(^O^)
飽きっぽい性格なのに、こんなに長い時間楽しめるのは、美味しそうなチラシが多いからかな?
[PR]

# by keiko110 | 2011-02-21 15:39 | 携帯から

リベンジ・はやぶさ

b0076384_21145395.jpg

上から撮ると、やっぱりいいね♪
[PR]

# by keiko110 | 2011-02-19 21:14 | 携帯から

東北新幹線はやぶさ

b0076384_1723489.jpg

3月5日の開業に向けて、ダイヤ通りの試運転がなされています。
何回も見掛けてるのに、なかなか写真が撮れないや(*_*)
こんな写りじゃわからんな…。

郡山は通過駅なのだけれど、減速区域にあたるので、ロゴまでハッキリ見られます。
乗ってみたいなー。
[PR]

# by keiko110 | 2011-02-17 17:23 | 携帯から