カテゴリ:読書( 4 )

今年のナツイチストラップ

今週はワンコの散歩以外、外に出ていないので、会社に預けていた物を引き取りに行くついでに、本屋さんに行って来ました。

もうナツイチストラップの時期だったんですね。
すっかり忘れていて、文庫本の帯を見て驚きました。
去年は10冊くらい読んだけれど、今年は図書室を利用する予定なので、我慢我慢。

雑誌を手に取り、レジ前でついつい文庫本を物色。
新刊予告で気になっていたので、やっぱり買ってしまいました(汗)。
b0076384_1730430.jpg

おまけのナツイチストラップを開封したら、ファミリーバージョンが登場。
可愛いけど、去年よりも造りは雑かな?
自分の子供にも、本の虫になって欲しいなと、本の虫は思うのでした。
何冊でも読んであげるさ。ふふふ。
[PR]

by keiko110 | 2008-07-18 17:32 | 読書 | Comments(2)

心を震わす小説

大掃除のついでに、本の整理も始めようと段ボールをひっくり返しています。
*なぜ段ボールかというと、本棚に収まりきらないからです。
相変わらず活字中毒なので、増え続ける文庫本に閉口気味。
本は捨ててはいけないと、母から教え込まれていたせいか、溜まる一方です。

ってな訳で、読まない本を売りに行こうと、厳選中です。

今夏、何冊も読んだ石田衣良氏。
中でもこの『約束』は、ほとんどの話で涙が出ました。
b0076384_21595446.jpg

書店で平積みされていて、オビの『たくさん泣いて、もういちど歩きだそう』の一文が目に入った途端、惹かれるように手に取りました。
読み進むにつれ、ページをめくる手が重くなり、何度も何度も本を閉じては泣きました。
読書でこんなにも泣いたのは『ブラックジャックによろしく』の癌闘病編以来のことです。
立ち直る心理としては、その早さからちょっと軽い気もするけれど、個人差とページ数との兼ね合いを考えると、うまく纏まっています。
読みやすい文章なのに、読了後の重さから、夕日が目に染みました。


以前ならば、何度も読み返そうと手元に残したと思います。
だけど、今は無理。とてもじゃないけど、再読なんか出来ません。
いい本なんだけどね、手放します。
読まないよりは、読んで良かった。
読み手のタイミングに合わなかっただけなのが、惜しいな。
[PR]

by keiko110 | 2007-12-29 22:38 | 読書 | Comments(0)

yom yom vol.3

3冊目の発刊となったyom yom
今回の表紙は、です。
ってことは、次回は黄色

やっぱり角田光代さんの小説は面白いなぁ。
前回のくまちゃんの話が吉祥寺を中心に展開していて、私の住む町がちらりと触れられ(って言っても、1行半か2行くらい)、地理もちょっぴり理解し始めていたので、読み応えがあった。
その話に少しだけ絡んだまま、今回の話も進んでいく。
あーそうそう、そうなんだよねぇ。
でも、こんな男の人はちょっとなぁ。

普通の生活ではありえなさそうなお話なんだけど、最後の人間らしさは救われます。

新潮社だからと言う理由で、発刊当時から星新一先生(←私の中では有無を言わさず、先生の位置づけ)の特集を期待していましたが、とうとう実現!
ページ数少ね~(笑)。
でも、すぐ後に太宰治(がテーマ)、三浦しをんさんのエッセイと続く。
毎号、面白いくらいに私のツボに入ってくるyom yom。
たまらんねぇっ!!(嬉)



だが、しかし。
大型書店は、駅前か都内に出なくてはないのが、不満なのです。
欲しい本があっても、マイナーな作家さんだと、かなりの確率で見当たりません。
取り寄せて貰っても、再びバスや自転車で出掛けなくてはならないので、それも面倒。
ここって、本当に東京か??
去年の暮れにamazonでCDを注文したのを思い出し、今回は楽天ブックスを利用してみました。
近所のファミマで受け取りと支払いが出来るだなんて。
しかも、今は送料無料だなんて。
2冊も注文しちゃったよ。
あちこち探し回ったのに、労力は何処へ・・・?
[PR]

by keiko110 | 2007-06-27 21:39 | 読書 | Comments(0)

本の虫、復活

新潮文庫のyomyom創刊号。
b0076384_1282412.jpg

本屋さんに行ったら、平積みになっていました。
一番最初に、川上弘美さんの読み切り小説。
角田光代さんと、大好きな山本文緒さんのエッセイ。
倉田真由美さんと、三浦しをんさんの連載まで掲載されているとは!
これは買わねば!と息巻いて購入。
お風呂に浸かりながらのんびり読んで、巻末の次号予告には乃南アサさんの名前まで発見。
ターゲットは、私?
自意識過剰ですね。すみません。
ここまで好みに合った雑誌を見つけたのは、実に久しぶりだったものですから。

大切に読もうっと。
次の号も買うんだ~♪
[PR]

by keiko110 | 2007-01-15 22:21 | 読書 | Comments(0)