カテゴリ:子育て( 46 )

赤ちゃんとお母さんの健康相談

出産前から、この健康相談には行ってみようと決めていたので、しまいっぱなしだったA型ベビーカーを
ガラガラ押して会場へ行ってきました。
朝っぱらから、日差しがキツイっちゅーねん。
日よけが小さいので、対面にして歩いたら、今度はフラついてしまって、大変だっちゅーねん。
しかも、会場に着いたら寝ちゃったしさー。


張り切っていったのはいいんだけど、張り切りすぎたのか(←痛い人みたい・・・)、開始時間丁度に到着し、
混んでいると聞いていた割りには、ガラガラでした。
まずは計測から。

身長 67.8センチ
体重 9000グラム


身長は平均のど真ん中なんですけど、体重は上の方になりますだ。
月齢がちょっと上の子に会っても、なんだか有希の方がでかいのです。
あ、母子手帳の計測グラフを記入してなかったら、助産師さんが呆れながら記入してくれました(汗)。
グラフで見ちゃうと、現実を見せつけられたようで、ちと悲しかったです。←遠い目


相談したかったのは、離乳食と母乳のこと。
以下、覚え書き。

*初期の離乳食にタラをあげても、まず大丈夫。
 蕁麻疹が出た例があるから避けて欲しいけど、心配するほど多くはない。
*7ヶ月に入るので、使える食材が増えるから、メニューバリエも増える。
 茄子やピーマンも使えるし、調味料も少しずつOK。
*アレルギーのことを考えると、初めての食材は午前中に食べさせる。
 野菜はアレルゲンになりにくいものが多いのだけど、タンパク質は要注意。
 鶏肉→卵
 牛肉→牛乳
 の繋がりを考えて、お肉では豚肉がいいとのこと。
*月齢が低いうちから、積極的にアレルゲン食材を与える必要はない。
*便秘の解消には、繊維質・ヨーグルト・水分を補給すること。
 BFのプルーンジュースがオススメ。
*栄養補給は母乳だけで十分な時期なので、乳腺炎になりそうな気配があったら、
 離乳食を減らして、その分、授乳して大丈夫。
*小麦のアレルギーみたいと呟いたら、皮膚科併設の評判のいい小児科を教えてくれました。  

  【5/25 追記】
*ヨーグルトを、デザート扱いで毎食後にあげる必要はない。癖になる。

  【5/28 追記】
*アレルゲン食材の摂取によって反応が出て、口の周りが赤くなった程度であれば、
 急いで病院に駆け込まないで、様子を見る。
 その食材についても、完全除去する必要もないので、少量ずつ与えて様子を見る。




真面目に離乳食を作ってる方々には申し訳ないのですが、手抜きしてますんで、ワタクシ。
適当な大きさに刻んだ野菜を、圧力鍋の中に敷いたすのこの上に並べて、数分間蒸したら、自然冷却。
後はバーミックスで一気に潰して、製氷皿に流し込んで冷凍。
小さなタッパーに小分けして、素材名を書いたシールを張るだけ。

キューブ2個で3匙相当なので、おかゆ6個と野菜4個とタンパク質が2個。
チンして混ぜて、素材の組み合わせで、○○粥とか○○風スープなどと謳ってみるけど、
十分に甘くて美味しい。
トマトとカボチャは、あれこれ使えて便利~♪



料理は好きなんだけど、基本的にめんどくさがりなんで、まだ栄養補給が目的じゃないと知った時点で
楽な方へと流されておりました・・・。
大根もブロッコリーも白菜も、ジャガ芋さえも食べさせてませんでした。
自分が食べたくないので、パン粥も作ってません。
魚なんて、『タラは避けましょう』って書いてあるのは最近の本ばかりだからって、タラばっかり。

いいのいいの。
最後にちゃんと追いつけばっ。




********************


帰り際、助産師さんが
「この子、よく笑うわね~。全然泣かないし、お母さんは楽ね。本当に羨ましいわ。」
と言っていました。
続けて
「きっと、欲求が満たされているから、幸せなのね。」
とも。

あぁ、そうか。
そういう見方もあるのか。


退院して、家に帰ってすぐの頃。
頼れる人が身近に欲しかった、あの心細かった頃。
子育てなんか出来るのかと、不安だったあの頃。
満足そうに眠る有希を見て、満ち足りた気持ちは、これだったんだ。

過剰な愛情を注いだ訳じゃないけど、満たされる程度に世話をして、お互いにそれで良かったんだ。
元々の欲求が少ないのが、不安になってたのか。
自分の子の個性を、見抜けていなかったのは、自分だったんだ。

有希の中には、有希だけの世界が広がっているはず。
もっともっと広げてあげられたら、笑顔の数は増えていくのかな。

自分の時間も欲しいけど、絵本を沢山読んであげて、歌いながら手遊びもしてあげよう。
危険じゃないと思ったら、何でもおもちゃにしちゃって構わないや。



助産師さんにお礼を言って、家路へとつきました。

何気ない言葉だったのかもしれないけれど、どんな言葉よりも響きました。
子供は親を選んで生まれてくるって、本当かも。
手が掛かると、私には無理!ってことなのでしょう・・・きっと。


********************


娘の気の短さを心配して、有希を送り込んでくれたのかな?
ランドリーバッグの中に入れても、ご機嫌ですよ!お母さん!!
b0076384_3311971.jpg

[PR]

by keiko110 | 2009-05-20 22:35 | 子育て

成長を伴う冒険の日々

札幌に帰省している間(9泊)に、有希は6ヶ月を迎えました。
日記をアップする間もなく帰ってきて、下書きだけ打ち込み始めたところでGWに突入し、
旦那の実家の名古屋へと行ってきました(3泊)。
落ち着きかけたところで、三種混合の2回目
真夏日になった休日には埼玉で犬集会(コギオフ)。
翌日はバテバテの姉妹でした。
b0076384_0482314.jpg

このてんやわんやの3週間に、よくつき合ってくれたなぁと思いつつ(断れないだけか?)、
強い刺激を受けた事に伴う急成長には、驚きを隠せません。
半月前までは、あんなに楽だったのに・・・(←ひどい)。


6ヶ月を迎えて、泣き声が大きくなりました
札幌行きの飛行機の中で、数回ぐずったけれど、なんとか誤魔化し、ホッとしていた私。
帰りの飛行機のぐずりは、とんでもない!
せっかくのクラスJでの飛行だったのに、エコノミーのシート付近で、立ってあやし続けてました(涙)。
ボリュームつまみ、こっそりイジッたヤツは誰だ!?

寝返り返りも出来るようになりましたが、相変わらずやる気なし
うつぶせでふにふに泣いて、ぐずぐずして、ぎゃあぎゃあ叫んで、助けが来ないと、自力で戻ります。
最初っから、自分で戻ってくれ。

「おいで!」と手を差しのべると、手を伸ばしてくるようになりました。
乗り気じゃない時は、黙って顔を見つめてきます。
行き場のない、空の手のひらが虚しいままです。

名前を呼ぶと、顔を向けてくるようになりました。
「ゆき」「ゆきちゃーん」
どっちでも振り向きます。
旦那の実家では「ゆきさま」と呼ばれてました。
それで覚えられると、困るんですが・・・。

ハイハイ前の、後ずさりが上手に(?)出来るようになってきたのですが、膝の動きが更に発達し、
前進も成功する時があります。
両肘をついたうつぶせで、両膝を持ち上げられるので(肘つき腕立てみたいなポーズ)、
相当に足の力がついている様子
うつぶせでお腹を中心に回転移動して(基本は右回り)、あっちこっちに移動してます。
コロコロ転がらないまま時間が過ぎて、急にハイハイしちゃうんだろうなぁ。
お座りも完璧じゃないけど、上手になってきたよ。

離乳食は、とてもよく食べますえぇ、それはそれは本当に、もぅ。
お豆腐は眉間に皺を寄せ、ヨーグルトは口をすぼめてたけれど、二口目からも、嫌がらずに食べました。
沢山食べるので、便秘になってしまい、苦しそうに泣いていたので、バナナも少しあげてみました。
スッキリするといいなぁ。


ワンコと有希の関係も、少しずつですが、変わってきました。
離乳食を始めたことで、食卓に付ける椅子に座る機会が増えたので、ワンコがハイエナ状態でウロウロ。
有希の方は、大好きなワンコがすぐそばにいるので、触りたくて手を伸ばします。
b0076384_0443767.jpg

微妙な距離で、逃げられまくり(涙)。
触れられたくなく、でも、舐めたい(!)ワンコは、離乳食を食べさせている時に邪魔してきます。
目の前を横切り、足元をくぐり抜け、傍らに座って、ひたすらガン見。
食べ物が絡むと、近くに来ちゃうのよね・・・有希の集中力を、全部持って行かれてしまい、一苦労です。

有希が興味あるのは、ワンコの大きな耳
触りたくて触りたくて、たまらないのです。
ワンコは有希の手が大好きで、耳を触られそうになると、その手を舐めてしまいます。
以前なら、手を舐める度に、神経質になりすぎて、いちいちムッとしながら怒っていたけれど、
最近では拭けばいいだけのハナシだと思って、見守ることにしました。
あっという間に有希の動きが速くなって、追い込まれるのはワンコの方だからね。
考えすぎていたら、ワンコと赤ちゃん、一緒になんか暮らせませんって。


たった3週間の間に、まだまだ、書ききれないほど成長しました。
寝相も悪くなったし、髪の毛も増えました。
何より、ここ数日はよく泣いて困っています。
火が付いたように泣き出し、抱っこやおんぶでは、動けないからと更に泣きます。
下ろしてあげると、自分では思うように動けないのと、視界に大きな変化がない事で、また泣きます。
当然、寝付きも悪く、お昼寝もすぐに目覚めます。
・・・えぇ、短期間に連れ回した結果だってのは、よーくわかっておりますとも。
今週いっぱいが勝負だと思うんで、ちょっと頑張りますよ。
頭痛がするほどの泣き声は辛いけど、本人はもっと辛いはずなので。



日記も溜めこんでるけど、洋裁も溜めこんでます(汗)。
まずは旦那のスーツの2パンツ×2着のウエスト直しからだー!

姉妹のお昼寝時を狙って、終わらせちゃおうっと♪
b0076384_0522480.jpg

[PR]

by keiko110 | 2009-05-12 22:42 | 子育て

お花見を楽しめなかった訳は

自慢じゃないけど、人生初のお花見(宴会)に参加しました。
b0076384_15531543.jpg

満開手前の上野公園は、テレビで見る以上の人の波。
b0076384_15542729.jpg

桜の数にも、人の数にも圧倒されました。


出掛ける時に、有希を車のベビーシートに乗せようとしたら、
右腕が引っ掛かったままなのに気付いていなかった私
シートに体を滑らせようとした時に、ちいさくコリッと音が聞こえて、有希が突然、泣き始めました。
右腕に気付いて、すぐに抱き上げたのだけど、いつもより長くぐずったくらいで、おさまりました。
肩が抜けたと思い、激痛が走って火が付いたように泣き出すのを想像していたので、
何でもないのかな?と気を取り直して出発。
差し出した指やオーボールは握るし、関節が鳴るのは良くあることだから、圧迫されたことに
驚いただけなのかも。
高速道路を走行中はスヤスヤと眠り続け、上野公園に到着しても、泣き出すことはありませんでした。

旦那の会社のお花見に、家族で参加させて頂きました。
他にも家族で参加した方がいて、有希と半月違いの5ヶ月の赤ちゃんもいて、和やかな雰囲気でした。
有希も女の子たちに抱っこされて嬉しそう。なのだけど、やっぱり今日は笑顔が少ないし、右腕はだらんと
下がったままです。
眠くてぐずったりもしたけれど、ほとんど笑わないまま、我が家が切り上げる時間になってしまいました。

パンダのいるうちに行きたかったなぁ、上野動物園
b0076384_15572840.jpg

駐車場前に戻る前に、西郷どんも撮影しておかなきゃね。
b0076384_15574922.jpg


今度は、ETCの取り付けのために、都下の町を通過して、その隣町へ。
取り付け直前に、都内に高速で往復してるのが勿体ないけど、こういうときって上手くいかないのね。
この時の有希は、オーボールで遊ぶのにも、左腕だけを動かす状態
b0076384_1611165.jpg

右手でも掴むけれど、持ち上げる事はしませんでした。

オムツ交換と同時に着替えもしたけれど、左肩は内側に入るように引き締めても、右肩は力を入れずに
緩いままでした。
走行中の揺れで寝入ったのを確認して、携帯で病院を探し始めたのですが、土曜日の夕方なので、
開院しているところも限られています。
泣いたりしていないので、様子を見ても平気かなぁ。
でも、気になるなぁ。


車を工場に預け、近くにあった総合病院に電話すると、
整形外科の医師が当直ではないけれど、肩の脱臼くらいならば診療もカバー出来るので、診てくれる
とのお返事。
何もなかったらなかったで安心出来るし、とにかく受診してみることに。

時間外なので、救命救急の様な部屋で受診となりビビリましたが、触診してみたところで痛くなさそうだし、
関節に無理な力がかかって驚いただけで、力を入れると痛いから、だらんとしてるだけかもしれないですよ
とのこと。
そして、様子見で過ごして、数日くらい過ぎて痛みが引いたら、ケロッと動かし始めるかもしれませんよって。
こんな小さいのに、レントゲンなんて撮りたくないですよねって。(←撮るって言われたら、拒否して別の病院に行くつもりだった)
そんなもんかと納得しそうになりながらも、もう6時間もこんな状態なんですと、食い下がる私。
赤ちゃんの関節は柔らかいから、肩じゃなくても肘や手首も脱臼するんですよ、などと説明しながら、
先生が有希の左腕を真っ直ぐに伸ばして、肘をゆっくりと曲げました。
「今、コリッていったなぁ。」
看護師さんが胸ポケットから赤いライトを取り出し、有希の目の前で軽く振ると、ニコニコと笑って、嬉しそうに
手を伸ばして掴みました。
「治ったんだねー。肩の脱臼じゃなくて、肘内障(ちゅうないしょう)だったんですね。」
と診断されました。
肘内障とはここを参考にして下さい。
10歳頃までは気をつけていた方がいいそうなので、両手を掴んで引き起こす遊びは封印です(涙)。

帰り道では、いつもと同じ、好奇心旺盛な目で周囲を見渡し、ニコニコと笑っては愛想を振りまいていました。
私の不注意とはいえ、辛い思いをさせてしまったことに違いはなく、反省するばかり。
ずっと見ていた旦那にも『不注意から加害者になる』恐怖心を植え付けてしまいました。
またやったらと思うと、私も怖いけどさ。
でも、怖いからと言って、腫れ物を触るようには扱わないし、またいつものように接します。
軽い症状で済んで良かったし、何より勉強になりました。

今日は何度謝ったかなぁ。
数え切れないや。

[PR]

by keiko110 | 2009-03-28 23:29 | 子育て

く・マグマグ

気付けば、この人のベッドの中に、クマが増殖。
b0076384_1423291.jpg

リラクマに側頭部を蹴られてるのに、いい笑顔じゃないですか。
手前のピンクのクマは、教育上よろしくないと旦那が言ってますけど、
自分で連れて帰ってきたんだから、責任持てよ!ってなもんです。
コイツの血に染まったツメで、ヤツをガリッとやっちゃいましょうか。
それこそ、よろしくないですか。

同じ頃、ワンコもだららららーん
b0076384_1493216.jpg

野生に戻れない動物に見えます。
いいのか?私の前で油断して。
コタツの上の物たちが乱れてるほど、私もだらだらしてました。
写真撮った後に片付けても、意味ないっちゅうハナシです。はい。


先日買ったマグマグで、昨日の昼間に、有希にベビー麦茶を飲ませてみました。
迷惑そうな渋い顔で、拒否しまくり
そんなもんだよね~と笑っていたのだけど、初めて飲む麦茶を、初めての感触のマグマグで与えられたら
そりゃあ拒否もするわな

反省しつつも、イオン飲料も試してみようと、リベンジ開始。
お昼寝から目覚めたところに、イオン飲料をまずはスプーンですくって、ちびちび口に含ませます。
初めての味だから、驚いたような、迷惑そうな顔は大体同じ。
ただ、口をパクパクさせて次の催促がありました。
おー、かわいいねぇ♪
口の中に溜めこんでいた分を、一気にだらーんとこぼしても、許す許す。
味に慣れた頃に、今度はマグマグを渡します。
まだ乳首で与えた方が良さそうなのでセットして、ゆっくりとハンドルを握らせてみました。
b0076384_2332579.jpg

危なっかしい持ち方だし、上手く口に入れられないけど、失敗を繰り返して上手になっていくのに期待します。
しばらく眺めていたけれど、まだまだおもちゃでしかないみたい。
慣れる方が先だからねー。

1週間ほど前から、ブブッとツバを吐き出す様になってきました。
歯が生える準備かな?
食事風景を眺めながら、ヨダレを流している回数も増えたので、食べたい気持ちも追いついてきてる様子。

寝返りはまだ出来ません。
おもちゃに手を伸ばし、下半身は転がるけれど、肩を抜くのが難しい模様。
しばらくすると、力尽きて仰向けの状態に戻ります。
何度か繰り返して、大きな溜め息をついて、荒い息を吐き始めた有希。
そうだよね、全身運動だもんねぇ(涙)。
[PR]

by keiko110 | 2009-03-26 01:40 | 子育て

子供は遊ぶ、大人は息抜き

初夏の陽気に包まれ、お外に出たいと思う日に限って、やたらと眠り続ける娘。
明日からまた寒くなるから、出掛けておかなくちゃ勿体ないじゃん!

午前中は起きてくれないのをいいことに、ひたすらフェルトドーナツ作り
1月に作り始めて、2月は手をつけないで、3月になってまた制作再開したので、時間が掛かったけれど、
もうすぐ終了(予定)。
先週作ったカタチの物が、キットの分がやっと終わるので、ラストスパートかけました。
あぁ楽しい。
本当に楽しい。

久しぶりに没頭出来て、お昼前には作業終了しました。
なかなか、まとまった時間が取れないので、有希が寝てくれるときは有難いのです。
静かなうちに、さっさとお昼ご飯も済ませてしまいましょう。
最近のマイブームはふかしいも
ビタクラフトにお芋と水を入れ、弱火でコトコト。
ホクホク感を楽しむなら30分程度でいいのだけど、ねっとりと甘さを引き出したいときは40分。
お腹に溜まるし、体は温まるし、繊維質が腸内をスッキリさせてくれるしで、いいことずくめ。
2週間で、2キロも体重が落ちました。
有希の置き土産がまだ残ってるので、もうちょっと頑張ってみようかな。

昼ドラを見終わっても、なかなか起きない有希さんです。
オムツを替えて、無理矢理起こしてみました。
ずっと手が温かいままだけど、夕方になっちゃうので、強制的にお出掛けです。


先週の木曜日、とにかくぐずって、手こずらせた有希。
出来たばかりのフェルトドーナツで遊んでも、心の中でくすぶる何かはどうしようもなく、
眠いのに眠れずに泣くばかりでした。
諦めて、抱っこ紐で出掛ける準備をして、着替えとオムツが入ったポーチだけをぶら下げ、外に出ました。
普段は行かない方角へ歩いているうちに、自分も気分転換も必要なんだと思った途端、
誰かと話がしたくなり、はじめて児童館へと行ってみることにしました。
途中で有希は眠ってしまったけれど、それでもいいじゃないかと。
児童館へ向かうのは、有希のためだけじゃなく、自分のためでもあるんだと。
30分ほど歩いて(遠いなぁ)児童館に到着し、ちょうど2歳児以下の日だった子育て広場のドアを開けると、
同じくらいの赤ちゃんも何人もいて、それだけで心が晴れました。
お話の輪に入れて貰って、予防接種や小児科、発育についての情報交換。
ちょっと人見知りモードが入ってたけど(汗)、手遊びを教えて貰ったり、絵本を読んで貰ったりで、
ごくごく普通の事ばかりなのに、子供と触れ合う事を、ちょっと考え直すいい機会になりました。
外に出なかった分、行き詰まっていたんですね・・・家でしたことのない新しい遊びをしてあげたときの、
有希の本当にいい笑顔を見てしまったら、自分の鼻の奥がジンと痛くなっちゃいました。反省。


出来る限り足を運んであげたいのだけど、片道30分の距離となると、なかなか思うようにはいきません。
なので、1週間後の今日が、2度目の児童館。
先週お話しした方もいて、離乳食の相談が出来たりして、収穫は大!
有希は眠くて眠くて、だらーんとやる気のない姿勢を保ち、大好きなうつぶせだけは
頑張るのだけど、それ以外は目がトロトロでした。
睡魔がやって来るのに、騒がしくって起こされちゃう感じかなぁ。
手遊びの時間も笑顔はなく、絵本を読んで貰う時には大騒ぎ。ぉぃ。
帰りにベビーカーに乗せたら、十数メートル歩いただけで寝ちゃいました。
限界だったのね。くくく。



ブレてるけど、姉妹写真。
b0076384_254310.jpg

迷惑そうです。どっちも。
[PR]

by keiko110 | 2009-03-19 23:05 | 子育て

3・4ヶ月健診

今日は3・4ヶ月健診でした。
先日のBCG接種の会場へ行くと、同じ病院で同じ時期に出産した方達と会えました。
やっぱり男の子って、大きくなるねー。
体つきもしっかりしていて、ビックリ!
女の子はひな祭りが終わったら、しばらくは何もないけど、イベント続きで大変だったよねってお話もしました。
短い時間の同窓会でしたが、楽しかったです。


さて、健診結果。
体重7200g(出生時2725g)
身長62.8cm(出生時47.9cm)


順調に育ってます。特に体重が。
3週間ほど前からは、ミルクを足すこともなくなり、完母となった訳ですが、
需要と供給のバランスが整っているようで、お互いにトラブルはおきていません。
最近のトラブルって言ったら、腱鞘炎になりそうでならずに、ばね指になってきたことでしょうか。
まぁ、指の腱鞘炎なんですけれどもね。

1ヶ月ほど前から、足の付け根の皺が左右非対称で、股関節は正常かどうか心配でした。
自分が股関節脱臼をやっていたので、遺伝性はないにしても、しっかりと見て貰おうと決めていました。
検診の結果は、全くの異状なし
良かったです、ホント。

健診の後は、ブックスタートといって、市から絵本を2冊、頂きました。
b0076384_3272219.jpg

『くっついた』の絵本を読み聞かせして貰ったのだけど、昼寝タイムに入った有希は、無愛想に大あくび
ついさっきまで、視界に入る人みんなに、微笑みかけていたのは誰なんだっけ?

手が掛からないのをいいことに、お気楽育児をしている実感はあるのだけど、心が疲れ気味なので、
保健婦さんに色々と話を聞いて貰いました。
育児に自信なんて最初からないけれど、気負ってる訳でもないので、毎日は疲れるけど楽しい。
なんだけど。
子供がいると、見守らなくちゃならないのは当然の義務であって、よそのおうちとの関わりが増えると、
自分の物差しとの違いから(違うな、責任感の有無だな)イラッとする機会が出てきます。
濃厚なお付き合いをしなくちゃならないときに限って、イライラの連続。
まぁ、当たり前っちゃー当たり前だわね。
気負いすぎていないのが幸いしたのか(?)聞いて貰っただけで、スッキリしました。
心配性なんで、色々と先回りして調べたりする性格が、ここにきて本領発揮って事らしいです。
育児に正解なんかないのだから、マイペースでいいんだなと、ちょっと自信が付きました。
このままでいいなら、毎日を笑って過ごせるぞ!

帰りに健診会場の玄関を出たところで、生協の宅配業者が勧誘パンフレットを配っていました。
BCGの時にも声を掛けられましたっけ。
素知らぬ顔で横を通り過ぎようとしたところで、声を掛けられ、にっこりと笑顔で
「うち、いつもお願いしてますから~。」
と言うと、
「どちらの生協ですか?」
と。
笑顔を貼り付けたまま、トラックの横の幟を指さすと、お礼の言葉と一緒に、ベビーシャンプーのサンプルを
頂いちゃいました。
嬉しいけど、別の生協さんにお願いしてるのよねぇ。ごめん。
[PR]

by keiko110 | 2009-02-25 23:32 | 子育て

あれよあれよと、4ヶ月

ついに4ヶ月目に突入した娘。
ぐんぐんと成長して、昨日出来なかったことが今日出来る!なんていう時期を迎えています。


鏡が大好きで、覗かせるとケラケラと笑います。

枕元にぶら下がっている、プーさんのぬいぐるみを、掴みたくて仕方ない毎日。
その下にあるお尻ふきのケースには手が届くので、叩きまくってその音を聞いて楽しんでいます。

タオルケットをたぐり寄せるように掴んでいって、仰向けの姿勢から横向きになる回数が増えました。
けれど、それ以上は進めません。
手伝ってあげようと思い、横向きの状態を作ってあげると、自分からうつぶせになり、上手に肩を抜きます。
いつか一連の作業となって、実を結ぶことでしょう。←寝返りしない時期を、もう少し楽しみたい母

手遊びも大好きになりました。
ソファに座らせて「♪いーとーまきまき、いーとーまきまきっ♪」と始めると、ニッコニコ。
自分の指で、顔や耳や後頭部を軽くつつきながら移動すると、キャッキャッと笑いっぱなし。
特に後頭部や耳の穴は、新たな発見をした!って顔で、喜びます。

首もだいぶしっかりとすわったので、親としては、一気に楽になりました。
物を掴む事が増えてきて、なかなか離さなくなってきました。
お陰で、私の髪が抜ける抜ける。
ワンコも背中の毛をむしられ、迷惑そうに離れていきました(涙)。

色んなおもちゃに興味を示すようになってきて、ベッドの中はおもちゃだらけです
b0076384_3153482.jpg

枕代わりのタオルが、一番のお気に入りっぽいけどね。


あとひと月で、離乳食開始です。
試しにリンゴ果汁を一匙だけ、あげてみたのだけど、当然ながら一匙じゃ足りなかった(笑)。
食べるの大好き!になるんだろうな。
離乳食の準備なんて面倒だと、思うのが本音になっちゃうんだろうけど、喜ぶ顔は楽しみです♪
[PR]

by keiko110 | 2009-02-22 23:53 | 子育て

バースディにBCG

ワクワクする気持ちも失せてきた、この年齢でのバースディ。
子供が生まれると、そっちが優先になってしまって、イベントとしては順位が落ちてきてしまってます。

でも、旦那がケーキを買ってきてくれたので、喜んで食べるのだ♪
b0076384_033162.jpg

バレンタイン用のケーキに無理矢理誕生日プレートを載せているのは気のせいですって。
いい歳こいて、“ちゃん”付けなのは、お店のおばちゃんに誘導されたのかな?そういうことにしておこう。



昼間は、有希のBCGを受けに行きました。

会場がバスで行くところだったので、抱っこ紐でお出掛け。
初めて乗るバスに、なんだかキョロキョロしていた有希だけど、抱っこでの密着感は嬉しいらしく、
かなりご機嫌でした。

会場に着いて、順番を待っていると、お向かいに座っていたお母さんにニコッ
体温を測っている時も、保健婦さんにニコッ
診察してくれる先生にも、ニコニコ

これから何が起こるか、わかってないから笑ってる・・・んだよね?

そして、注射を打ってくれる先生の前に座って、まずニッコリ
腕を消毒されて、ニマー
ワクチンを腕に垂らされ、
「さーて、泣き叫ぶぞー!!」
と、私の方が固まってたら、有希の腕に針の束がブスブスと2回、刺されました。

あんぎゃぁ!
ぎゃあぁぁぁ!!


驚いて2回だけ叫び、終了。
別室で、注射痕に残った液体が乾燥するのを待っていたら、もろ肌脱いだまま、昼寝を始めてしまいました。
起こしてしまったら、空腹に気付いたらしく(?)、帰りのバスの中では、文句ぶーぶー。

帰宅して、授乳し終わって、抱っこしてもなかなか寝付かないので(でも、手足はあったかい)、
そのままベッドに寝かせました。
しばらくひとり遊びをしていて、気付くと眠ってしまっていました。
抱っこや添い寝で寝付かないときは、放っておきます
すると、寂しいときは泣いて呼びますが、大抵はひとりで寝てくれます。
有希を優先にはするけれど、どうしてもワンコの世話をしなくてはならないときは、
泣いていても離れる事になり、そのまま眠ってしまっていたのが原因なのかな?
この子の性格だと思うけど、『甘えたい気持ち』が叶えられなくて、
根底に残ったままで、こうなってしまったならば、楽だとは言ってられず、心苦しくなります。
上に兄弟がいれば、こうなって当然なのかも知れないけど、相手はワンコだし(笑)。
最近になって、ワンコの姿を見てはニッコリと笑うようになってきたので、近付ける時間を増やして、
慣れさせています。
どちらも、何でもすぐに、口に入れてしまうので気が抜けないけれど、見てると面白いんだな。
写真に収めたいけれど、どっちもよく動くんです!
高機能のデジカメに、買い換えたいなぁー。
[PR]

by keiko110 | 2009-02-13 23:27 | 子育て

生後100日、小児科デビュー

*ビロウな表現から始まります。
飲食前後、もしくは飲食中の方、ご注意を。



3週間ほど前から、どうにも下痢気味な娘。
お腹が痛いらしく、出てくる前には毎回大泣き。
手がつけられないほど泣いて暴れて、出た後には不快感で大爆発。
暴れるついでに、髪は引っ張られるわ、叩かれるわ、蹴られるわで
相手をしているこっちは大変なんだってば。
オムツ替えしたら、何事もなかったかのように、ニコニコと笑い始める。
この笑顔のために、面倒見ているようなモンだもんなぁ。

オムツも足の付け根がキツクなってきたので、そろそろSサイズから、Mサイズに変更しようかと思い
押し入れの中にあるMサイズを当ててみました。
ちょっと大きめかな?
こんなもんかな?

S→Mの切り替えで、パックの中の枚数が、思いっきり減るのよね・・・。
下痢してると素晴らしい勢いで減っていくので、財布がイタイ。
ライナー使おう、ライナー。

夕方までに1日分の使用量を突破し、母ちゃんがぶーたれながら、新しいオムツを当てたところ
黄色いウンチに赤いプツプツが混ざっているのを、発見してしまいました。

血!

血!!

血~!!!


背中に冷たいものを感じ、市の広報ガイドで小児科を調べました。
近所のおばあちゃん先生の小児科が、受付時間ギリギリで間に合う!
慌てて準備し、大雨の中を車で出掛け、まさしく駆け込み状態。

結果
下痢そのものは、寒さだったり風邪だったり、色んな原因があるけれど、元気で体重が増えていて
母乳もよく飲むなら、気にしなくて大丈夫。
下痢が続いていて、それで腸が傷つき、出血したんじゃないかということ。
出血が続いたり、量が増えるようなら、また受診すること。
整腸剤は飲ませてあげてねって。


本当に少ない出血だったんだけど、子供(特に赤ちゃん)は、何かあったときには症状が進むのが早いから
素人判断では恐ろしいもんね。
自分なら
「あぁ、うん。平気。様子見。」
なんて言えるけど、物言えぬ赤子に、それは出来ないわ。

肝心の娘は、出すモン出した直後で、とにかくご機嫌でした。
診察台の上でニコニコ笑い、お腹を押されても動じず、喉を覗かれても平気。
色んな人が優しい声で話しかけてくれるので、待合室に戻ったら
ひとりで話し始めちゃうサービスっぷり
下痢してるとは思えないほど元気ね、アナタ。


処方された白い粉ビオフェルミン
b0076384_1095515.jpg

水で練って、口の中に塗りつけたら、自分の指で掻き出そうとしてました。
慌てて授乳したら、飲んだ直後に大量溢乳

残り8包。
先行き不安。
[PR]

by keiko110 | 2009-01-30 23:23 | 子育て

お宮参りと百日の記念撮影

日曜日は、お宮参りに行ってきました。

北海道ではお宮参りは百日の頃に行きます。

地域によって違うと思い出したのは、生後40日を過ぎた頃でした。
東京だと30日くらいですね。
過ぎてしまったからには、百日でいいかと、アバウトに考えたワタクシ。
旦那がカレンダーを適当に数えて
「102日目が日曜日なので、25日にお宮参りだ!」
と神社に電話で予約を入れたら、まだ95日目でありました。数え間違いってヤツですね。
重ならないようにってお食い初めを早めたら、まだ88日目だったのは、そんな理由。
いいんです。
気持ちが全てです。

ブログの更新も進められなかったけれど、前日の深夜にスーツはお直しが完了しました。
背中のダーツをほどいて、背中心と両脇でも直しを入れて(涙)、時間がなかったので、
裏裾のパイピングなんか、テープを折ったままで、アタッチメントも使わずに挟みこんで縫う!
シャンブレー生地が硬くて良かったよ・・・。
テロテロ素材だったら、倍の時間はかかりそう。


お宮参り当日。
毎朝6時に起きる娘に起こされ、髪型をセット。
髪が伸びているのでアップに出来たけど、毛先が茶色いままでショックを受ける。
ヅラ 部分ウィッグでカバーしたけど、あまり上手くできなかった。
白湯とミルクとバスタオルとガーゼと着替えとー・・・なんて子連れお出掛けの準備をしてたら、
時間があっという間に過ぎていき、コーヒーを飲む暇もなく出掛ける時間。
9時開店の写真館に飛び込み、掛け着をお借りして、洋装のドレスを選んでおきました。
神社へ向かう途中、駅で旦那の両親を拾って、車を降りようとしたら、有希が熟睡
お義母さんが抱いてお宮参りを済ませる間、ずっと寝ていてくれました。
静かで良かったけど、大物の予感。

結局、写真館に戻って和装での撮影の間は、寝ぼけてボーッとしてました。
家族写真を撮ってる頃に覚醒し始め、洋装での撮影は空腹で大泣き。
それをおもちゃや白湯で誤魔化して、笑顔を引き出して写真にするんだから、プロってすごい
次の予約で時間が押してて、長引かせられないと焦っていたのに、結構あっさりと終わっちゃいました。
撮影中も感心ばかりしていたのだけど、写真業界でのデジタル化って、本当に大きな進歩ですね。
モニターの前のソファに座って、アルバムに使用する写真を選んだのだけど、
仕上がりは納品までのお楽しみじゃないし、CD-ROMも代金に含まれているから、(データは小さいけれど)
焼き増しは出来るしで驚いて、その画期的な進化にビビリ、微妙に時代についていってない自分
気付いてしまったのでした。
ついでに言わせて貰うと、最近のプリクラもよくわからん。

地味にスケジュールがキツキツで(汗)、また車に乗り込み、国立まで移動。
前日に予約しておいた中華料理店で、上海料理をいただきました。
上海料理ってどんなの?
と期待していたのだけど、郊外価格だったせいか(?)、ごくごく普通のエビチリやフカヒレスープ、塩焼きそば
などなどでした。
エイの醤油煮は美味しかったなぁ。
マンゴープリンは冷やしすぎて、ゼラチンのプルプルがゴム状のブルブルになってた。
あれならまだ、好きじゃない杏仁豆腐とチェンジした方が良かったかも。
と、まぁ。
料理はともかく。
この中華料理店では個室をお願いしていたのですが、8名用の個室に大人4人+乳児ひとりで予約したら、
だだっ広い上に、乳児の席まで用意されていました(笑)
お皿とお箸は下げて貰って、座布団だけは確保。
寝かせておけばいいや~と思っていたのに、お義父さんが膝の上から離さなかったので、
やっぱり必要なかったかも?
有希も楽しかった様で、声を上げて笑うし、昼寝はしないし、オムツの不快感も空腹も訴えることなく、
ギリギリまで泣かないしで過ごしていました。
気分が高揚すると忘れちゃうなんて、子供に近づいてきた証拠だね~。
限界になって当然泣き出し、オムツを替えて、授乳が終わったら、ゲップして、すぐにウトウトしてました。
あっ、やっぱり赤ちゃんだ(笑)。

国立の駅前で旦那の両親を見送り、ワンコが待っているので、さっさと帰宅。
有希は家に帰って安心したのか、深く眠って起きません。

さーて。
その隙に神社で頂いた物をみてみましょうっと。
お守り、絵馬、御神酒に落雁。
祈祷ランクを上げると、更に破魔矢も付いていたっぽいなぁ。
で、これは名前は何だろう?ピントがボケてて、はっきりしないけど・・・。
b0076384_22581556.jpg

無知で申し訳ないのですが、
神社だから狛犬かと思ったのだけど、猫だよね?
b0076384_22593550.jpg

絵馬にもこの図柄が描かれているけど、何者かわからず。
でも、なんかどっかで見たことある気がするなぁ。
どなたか、教えて下さいまし。
よくわからないけど、飾っておきますので。

そして、小さな桐の箱が入っていまして。
b0076384_230976.jpg

開けてビックリ!
b0076384_2311469.jpg

金杯だー!!!
24金メッキの仕上げだー!
うわーうわーうわー。
初節句に御神酒飲んじゃおうっと。
飾っておけって?
確かに、バチ当たったらヤだもんね。

紙袋以外にはこの箱も頂きました。
b0076384_2322319.jpg

あー、なんかイヤな予感がするよ。
多分当たるよ。




開けてみますよ。
用意はいいですか?




それっ!




b0076384_2331945.jpg

・・・・やっぱり(涙)。




お食い初めは、もう終わったっちゅーねん。
[PR]

by keiko110 | 2009-01-28 23:07 | 子育て