入院二十七日目 〈一気に低く〉

b0076384_21211333.jpg

朝9時から点滴を2A20に変更しました(=^▽^=)
発汗が更に減り、手の震えも激減しました。
その代わり、お腹の張りを少し強く感じます(・_・;)
たまーに、痛みも感じ始めました。

そして、午後1時からは2A15に変更です(`∀´)
副作用がどんどん収まっていくと、体が楽になっていきます。
肝臓の負担も軽減されて、色が薄くなりました。(何かは察してくれ…)
食後の発汗がなくなるだなんて、嬉しいっ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

が。
勿論、そんなに甘くはない。

お腹の張りは軽い生理痛に等しい痛みを伴って、襲ってきました(´・ω・`)
唸りましたよ。
アレは痛い!(ノ_・。)
胎動に励まされたけど、明日、点滴を抜いた後の張り返しが怖いわ(*´Д`)=з


そして、昨日さんざん悩んだ抜糸の件ですが。
やっぱり、どうしても痛いので、抜糸しちゃってもいいかと思い、先生にデメリットを聞いてみました。
やっぱり、強い張りが来たときに、産まれてしまうことらしいのです。
そして、34w0dで退院しようとしている私に「本当はリスキーなんです。」と。

えーと。
抜糸したがってたのは、取り止めなんですね?
退院はいいけど、大人しくしてて!って事ですね?

先生も、迷いながら治療にあたっていると解釈する事にして、意見が変わるのはどうもなぁ…(-з-)
長き付き合いとならない分、まだいいかな。←十分長くなってしまったけど…f^_^;
[PR]

by keiko110 | 2008-09-16 21:21 | 携帯から