マイナスなツブヤキ

ある程度は覚悟していたけど、入院生活が長くなり、落ち込み気味。
もうすぐ3週間だもんね。

長期の入院なんて、初めてじゃないけど、今回の様に自分(と、もうひとり)の体を、常時気に掛けていなければならないなんて、ちょっとメゲてきた。

24時間点滴と、襲ってくる副作用。
それを抑える飲み薬。
薬の作用を超えて、強い張りや痛みに襲われる不安。

そうか。
回復を目指すんじゃなくて、安全な時期まで、現状維持に努めて、悪化させないための点滴治療なんだ。


帰りたい。
横になって過ごさなくてはならなくても、早く家に帰りたい。

わかってるのは、まだ危険が伴う時期ってこと。
今を我慢して過ごせば、周りのみんなに喜びを分けてあげられるってこと。
悲しませるのは、悲しむ以上に辛いよ。

どんなに平気な顔したって、強がってみせたって、結構ダメージ受けてるんだな。
当然か。
孤独を感じない方がおかしいもんな。


負けない気持ちを持たないと、親になんかなれない。
この体からのSOSは、そんな意味合いが込められているのかな。



そろそろね。
治療内容とその日の体調とは違う日記を書きたいよ。
視野が狭い日常から、離れたい。


こんな呟きで、またみんなに心配かけるのは、よくわかってます。
ごめんなさい。
でも、書かずにはいられなかった。
ドロドロを吐き出したから、ちゃんと回復出来るよ。安心して。

母になって、育児に疲れたら、必ずこの日記を読み返します。
優しい気持ちを取り戻すために。
大切なものを、守るためにも、ね。
[PR]

by keiko110 | 2008-09-08 23:00 | 携帯から