泣きそうになった

ドッグランフェスタで結構歩いたのに、一昨日は経過良好だった。
一夜明けて、どうにもお腹の張りが気になって仕方がない。
♪おなっかハリハリハリ~♪
ビオフェルミンVCのCMソングを歌いながら、張り止めの薬を飲む。
横になって過ごして、ようやく少し治まった。

なるべく安静に過ごしていたのに、夜になって出血があった。
軽くパニックになった私は、半泣きで病院に電話を掛ける。
慌てすぎて、代表番号じゃなく、病棟直通に掛けちゃうくらい、パニクってた。

16週だと告げ、少ない出血と、それから始まった腹痛を伝える。
念のため、診てみましょう、とのことで、すぐに旦那と病院へ。
旦那も慌てちゃって、運転が荒っぽい。
そして、動きすぎだと説教をくらう。
反論したいところも多いが、ちょっと我慢。
片方が冷静でなくなったら、おしまいだ。

救急入り口から入って受付を済ませ、人気のない廊下で診察を待つ。
車を置いてきた旦那がやってきて、そわそわしながら隣に座った。
間もなく看護婦さんと当直の先生がやってきて、エコーと赤ちゃんの心音チェックなど、診察を受けた。
目立った異常もなく、細菌感染(これを恐れているのです)ならば高熱が出ているはず・・・とのこと。
納得がいかなくても、その場でわかる異常って少ないらしい。
腹部エコーで赤ちゃんの元気な様子を見せて貰い、元気に跳ねていて嬉しかった。
その後、早産することの恐ろしさや、そうならない為の対処方法などを聞いていたら、何十分も廊下で待っていて、不安になった旦那が診察室に入ってきた。
対処法として、入院安静か、自宅安静かの選択を迫られ、帰りたいと訴える私に、折れてくれた旦那。
原因不明で入院なんてしたくなかったのだけど、旦那にしてみれば、入院している方が安心できるという。
だが、安静は守られても、点滴などから発生しうる細菌感染と、心配事が常時襲ってくる精神衛生を考えると、やっぱり私は家に帰りたかった。

長々と話は続いた訳なのだが、先生が
「せっかくだから、またお腹出して、ベッドに横になって。」
と腹部エコーを旦那に見せてくれた。
さっきは普段の検診よろしく、さっと心臓の動きを見て、頭囲を測定しておしまい!ってカンジだったのだけど、旦那がいて、夜間で暇だからなのか、手足のアップや、頭の形、細かな動きなんかをよく見せてくれた。
赤ちゃんも、足を動かしたり、指しゃぶりをしたり、頬に手を当ててみたり、泳いで向きを変えてみたりと、すごいサービスっぷりなのでした。
このサービスエコー(笑)で、追加の写真を5枚も頂き、次回の診察予約を早めに変更して貰いました。


帰ってすぐに、横になる私。
テレビが見にくいけど、我慢我慢。
旦那にエコー写真を一緒に見ようと誘うと
「オレ、さっき動画で見たから。」
だって。
普段は、なかなか動画で見れないんだけどな。

それ以来、やたらと私のお腹を気にしてくる旦那です。
一気に愛着が湧いてしまったらしい。
まったく実感なかったのに、変わるものなのね。


あ、腹痛は深夜に治まりました。
苦しんでた便秘の解消と共に・・・(大汗)。
[PR]

by keiko110 | 2008-05-19 18:40 | マタニティ | Comments(0)