桜並木を見ながら歩く

気温も上昇し、桜が満開になった。
あちこちでさくら祭が開催され、公園や並木の下では、シートを広げた花見客が、桜の美しさにか、旨い料理と酒にか、どちらかわからないが、酔いしれている。
以前の日記にも書いたが、隣町の見事な桜並木は、とても有名だ。
去年のクリスマスイルミネーションも素敵だったのだけど、満開の桜並木の下を歩いてみたくて、ワンコを連れて行ってきた。

国立駅前の駐車場に車を駐め、いつもよりも多い人混みの中をあるくと、駅前ロータリーを過ぎたところで、見事な桜の木が目に入った。
b0076384_0255182.jpg

先週では早すぎて、来週では遅すぎる、丁度見頃な時期に当たり、ものすごい人出。
そして、渋滞する車。
桜並木は本当に素晴らしく、写真では上手く伝わらないのを覚悟の上で、こんな感じ。
b0076384_0293787.jpg

駅前から続く真っ直ぐな道2㎞が、並木道なんです。
時折、風が吹いて花びらが舞い散ります。
取り壊されてしまった駅舎と、この桜並木が有名なこの町は、マンホールのレリーフや、洋菓子店のモチーフにも取り入れられるほど。
木々を見上げると、外灯まで雰囲気があって、お洒落です。
b0076384_0371861.jpg

ん?
普段はない提灯までぶら下がっていますよ。
よくよく見てみましょう。
b0076384_0384883.jpg

桜柄!!
桜祭りに引っかけているんですねぇ(笑)。
商店街の売り出しも面白い。
さくらアイス、桜餅、桜まんじゅう、桜のお茶、桜エビのかき揚げ・・・。
美しい桜の木の下で、商魂の逞しさを見てしまった。
いやいや、
「桜の木の下には、死体が埋まっている。」
なんて呟いた私が、言える台詞ではないのは、よくわかっておりますともさ。
[PR]

by keiko110 | 2007-04-01 23:53 | お出掛け