100分の1以下の確率

震災以降、自分の体調は二の次だった。
けれど、どうにも調子が良くないし、まさかと思ったら妊娠検査薬で陽性。
計算してみたら、11週の後半辺り。
つわりが遅かったから、気づかなかった!

ところが、産婦人科を受診したら、子宮内に胎のうが見えない。
100例に1件とも言われる子宮外妊娠でした。
大きさとしては、いつ卵管破裂を起こしてもおかしくなく、
診察して下さった先生は、エコーで確認してすぐに、緊急手術を考えたそう。
幸か不幸か、卵管に着床し、7週まで成長したけれど、そのまま流産したようで、
『陳旧性卵管妊娠』との診断。
ホルモンの値が低く、これ以上成長することはないので、体に吸収されていくのを待つことに。
ただ、大きくなりすぎているので、吸収されるかどうかも疑問が残るとか。
大量出血と激しい腹痛に襲われたら、即・緊急手術が待っています。
いつまでも変化がないようなら、やはり手術。
もしくは、抗がん剤を用いた治療法。

あまりない症例だと言われて、戸惑いの方が大きかった。
ほんの数日間だけの喜びで終わってしまって、抜け殻になってしまったみたい。
診察が終わって、次回の受診の説明を聞くときに、ようやく泣くことが出来た。
最初からなかった命とは、もう思えない。
運が悪かったにしろ、やはり心臓が動いてるところは見たかった。
生きていて欲しかった。
矛盾するけれど、赤ちゃんが生きていたら、私の命が危ない妊娠だというのは、理解している。
絶対に産むことが出来ないのに、授かった命。
その意味はなんだろう。
一生涯で、いくつ授かり、いくつ育てることが出来るんだろう。


失った苦しさは、いつまで続くんだろう。
[PR]

by keiko110 | 2011-05-10 23:09 | 子育て