前厄なので、当たり年?と思ってしまった名古屋3日間

ちろさんと同じく、ワタクシも前厄の一年でございます。
思えば、前回の前厄も、転勤の年でしたっけ・・・。


今度の引越しでは、旦那の実家に行くのが困難になってしまうので、3連休に帰省しました。
行きの中央道が、あまりにもスイスイ進めたので、ドッグラン休憩を入れたのに、
空が明るいうちに、名古屋に到着出来ました!
有希も最後はちょっとグズッたけど、車から降りたらテンションが上がりすぎ(汗)。
笑いが止まらなくなって、深夜まで寝ないで動き回っていました。
体力のある子供って、こんな時でも疲れにくいのね。


翌朝。
早起きな有希が、部屋中をイタズラして回るので、さっさと着替させて廊下に出した。
旦那の実家のワンコにまでちょっかいを出す有希だけど、挨拶をして回っていると思えば、
笑って済ませられるかな。
目が離せないけれど、お義父さんとお義母さんも見守ってくれるので、
いつもよりは安心感がありました。

この日は親戚のお家に挨拶に行きました。
ワンコたちはお留守番です。
常にテンションの上がっている有希は、お食事のデザートに振舞われた自家栽培のキウイを
軽く2個分は平らげました。
初めて食べるものでも、気に入ったら集中攻撃らしい。
ま、いいけど。

旦那も別の用事があったので、私はかおちゃんに会いに行きました。
新栄の郵便局前で車を下ろしてもらい、電話して道を教えてもらったのに・・・迷った(涙)。
迎えに出てきてくれたので、助かりました。

1歳半になったよっちは、2ヶ月のあんちゃんの立派なお兄ちゃんで、トイプーのポパイは、
さらにさらにお兄ちゃんで、とにかく賑やかでした!
あんちゃんは甘えっ子で可愛いし、よっちはよっちで有希を抱っこしようとして頑張ってたり、
子供たちが揃うのって、本当に楽しいねー♪
ストローボトルを交換して飲んでたりするんだもん。
おかしいわ。
ポパイにロックオンされた私は、抱きまくり~♪♪♪
ラブラブになりすぎて(?)、郡山に連行しようかと、口説き倒す勢いでした。
迎えに来てくれた旦那も、ポパイのことを気に入っちゃったしね!

この日の夕方、有希はお昼ごはんを食べ過ぎて、かおちゃんちでケーキも少し食べたので、
お腹が空かず、はしゃぎ過ぎた疲れも一気に出て、深夜まで爆睡。
オムツを交換したくて起こしたら、楽しそうに遊び始めたけど、しばらくして寝かしつけたら
夜泣きもせずに朝まで寝てました。


最終日の朝。
うちのワンコが朝早くから騒ぐので、寝ている有希を旦那に任せ、朝の散歩に行きました。
名古屋の朝って、寒いねー。
身を切るような冷たい空気に驚きました。

帰る空気を読んだのか、甘やかされて過ごしたので味を占めたのか、ワガママになった有希。
怒られると、すぐに反り返って泣き始めるようになりました。
おまけに、前日のキウイが効いたらしく、お腹がゆるすぎです
車内が芳しい香りに包まれていました・・・。

帰りの中央道は、行きほど天気が良くはないけど、流れは良く、順調に進んで、
あっという間に長野県に入りました。
150キロは走ってきたわ。もうすぐで半分!

お昼も過ぎていたので、目覚めた有希にパンを食べさせていたら、旦那が慌てた声で叫びました。


「猿!猿っ!!」


隣の車線の真ん中に、野生の猿がしゃがみ込んで、こちらを見ています。
そして、姿が消えたと思ったら、左前のバンパーに衝撃が。



あー。


ああー。


あああああーっ(涙)。



二の句が継げないとはこのことでしょうか。
ここから、ほとんど会話がなくなりました。


次のPAで損傷箇所を確認し、バンパーがひしゃげて、パーツもひとつなくなってるけど、
外見では大したことはなさそう。
レッカーを呼ばなくても、走って帰れそう。←200キロはありますが・・・。
途中でまた、何度か確認してみましょう!
と、走り始めました。

山梨のあるSAで、ドッグラン休憩を入れたら、ワンコが一生懸命にニオイを嗅いでいました。
すごいな、動物。


無事に高速を降りて、この町に戻ってきたのですが、家に帰る前にトヨタに寄り道。
「猿と衝突した車は初めてです。」
と整備士さんに言われたのですが、思ってたよりも内部の損傷は激しく、
2~3週間の入院と、30万以上は掛かるだろうとの予想でした。
トヨタと提携している板金工場に修理を依頼するんですってよ。

予想外の事故で、大きな出費なのだけど、家族全員が無傷で済んで、安いものだと思うのです。
だって、コレが鹿相手だったら、フロントガラスが破れてたよ?
ケガは絶対してるはずだよ??

猿には申し訳ないけど、跳ね上げてボンネットに載せちゃったり、血が飛び散ってたら、
その後は精神的にも、運転し続けられないはずですよ?
って言われて、妙に納得しました。


来月は車検で、バッテリーも交換しなくちゃならない状態になってて、懐への攻撃が痛いけど、
仕方ないことってあるもんなのね。
いやー、それにしてもビックリだ。
あんまりにも驚いたので、用意してる写真は、時間のある時に載せようっと。
てか、事故には関係ない写真だけどさ。
[PR]

by keiko110 | 2010-01-11 23:57 | お出掛け