札幌とうちゃーく

待ちに待った札幌帰省
大荷物とベビーカーを持って、旦那の運転する車で、羽田空港へ向かいました。

飛行機のチケットを取った後に、ETCによる高速道路の平日割引が実施されるとの発表がありました。
よりによって、今日が初日
前夜に旦那に
「とにかく、早く家を出よう。」
と話したのに、危機感のない顔で
「3時間前でも十分だよ。」
と・・・。
下手に出まくり、3時間半前に家を出たら、思った通りの大渋滞。
中央道が進まない。
次のインターで降りる覚悟で乗ったのに、次のインターなんかじゃ、降りられない。
苛立ちが募って、旦那は無口になるし、有希なんかグズって手が付けられなくなるし、大変でした。
間に合うかどうかは博打だったけれど、首都高での渋滞も同じようなもので、腹を括るしかない状態。
変更は出来ないかもしれないけれど、ギリギリに白旗を揚げるつもりで、
手に日航の電話番号を登録した携帯電話を、握り続けて過ごしました。

で、何を思ったのか、羽田へ向かう分岐で、品川方面じゃなくて、お台場経由を選択した旦那。
絶対にこっちの方が混んでるべや!!!

羽田に着いたのは、なんと30分前
駐車場に車を入れると時間のロスなので、目の前で下ろして貰い、有希を抱っこして、
ベビーカーに大荷物を載せて、走る!
お土産買わなくちゃいけないけど、まずはチェックインしなくては!
うわー、並んでるぅ!!(大汗)


残り25分。
お土産購入しなくちゃ。

残り20分。
荷物を預け、ゲートをくぐらなくちゃ。
ここもすっごく並んじゃってるし!

うわー、あと15分だよ!
急がなきゃ!!



優先搭乗のチャンスを逃したので、ゆっくり行こうと思ってたのに、
北海道行きの飛行機って、搭乗口が遠いんだよねぇ。
長い長い長ーい通路を、赤子を抱いたまま、走る走る走る。
赤子の頭が左右に揺られていたけれど、それどころじゃないんだよ。こっちはさ。

残り12分。
息を切らして、搭乗。
汗だくで席に着くと、周囲は赤子だらけ。
あー良かった。
みんなハイシーズンから、ちょっとずらすもんだね。

飛行中は、それほど大げさに騒がなかったのだけど、寝ることもなかったので、母はグッタリ。
飛行機の雑誌が欲しいだの、飲んでるコーラをよこせだの、2個貰ったお菓子を食わせろだの。。。
自我が成長しすぎだろうよ。
隣席の同月齢の男の子、メチャクチャおとなしかったぞ!!


千歳空港に降り立った時には、足元がヨロヨロ。
疲れちゃったのよ、ホント。
ギリギリに羽田に着いたから、何もかもがギリギリだったしね。
その証拠に、私が最後だったと言われたかのように、預けた荷物が最初に出てきました。
嬉しいような、悲しいような。


ゲートを抜けると、笑顔で出迎えてくれた父の姿が。
人見知り真っ最中の有希だけど、迷うことなく満面の笑みで応えた上に、体全体を弾ませて、大喜びでした。

涼しい北海道で、夏休み(←?)を過ごします♪
[PR]

by keiko110 | 2009-08-06 21:30 | お出掛け