乳飲み子抱えて、大移動・2日目

ベッドで一緒に寝ていた娘が、首も満足にすわっていないのに、寝相が悪いとは思いませんでした。
潰しそうだったスリルと共に目覚めた朝、窓の外を見たら雪が降っていました。
マジですか!?
ちなみに、私が名古屋で雪を降らせたのは3回目・・・。

朝ご飯を食べながら、寒いから初詣は中止だねーと話し、代わりに近所へお買い物へ行こうという事に
なりました。
関係ないけど、トーストを焼いたときに、あんこの缶詰が食卓にあるなんて、やっぱり名古屋です。

有希の機嫌のいいときを狙って、お義父さんの車で旦那と4人でお出掛けです。
*お義母さんは仕事があって、行けませんでした。
そう大きくはないショッピングモールなのだけど、旦那がずっと行きたがっていたスガキヤでラーメンを食べ
トイザらスではお義父さんにおもちゃと洋服をプレゼントしていただきました。
お義父さんが気に入って手放さなかったこの洋服。
b0076384_17453014.jpg

知らなかったんだけど、お義父さんは年季の入ったドラゴンズファンでした。
この服も、一目で気に入ってしまったのね。
もう1着は、ミッキーだのドナルドだの、招き猫だのと迷いながら、綿100%という素材が勝って
有希のものになったこの着ぐるみ。
b0076384_17462573.jpg

そう、たぬゅきです・・・。
こういう衣装に限って妙に似合うのですが、帰宅したお義母さんが見てひとこと。
「このしっぽ、邪魔くさいでいかんわー。keikoさん、洋裁が得意だで。
ちょん切って貰わんといかんがね。
すんません。そのしっぽが気に入ったの、私です。

たぬゅきの格好のまま、夕食の席に同席していた娘ですが、翌朝には東京へ帰るということで
お義父さんが膝の上から離したがりません。
有希も嬉しいのか、語りかけに喃語で答え、笑顔もよく見せてくれました。
沢山可愛がって貰って、随分と喜んで貰えて、頑張って名古屋まで来た甲斐があったなぁと、思っていたら。
「ほーら、有希ちゃん。お父さんとお母さんは、明日東京に帰っちゃうからね。
おじいちゃんと一緒に暮らすからまたねって、バイバイしなさい。」

とお義父さんが、娘に語りかけてました。
本気で怒る旦那。
かなり酔ってたんだから、怒るなっちゅーの。
[PR]

by keiko110 | 2009-01-15 15:25 | お出掛け